相続税の税務調査とは?何を調べられるの?

相続が発生して相続税を納めた後、税務調査が入る場合があります。相続税の税務調査では一体何を調べられるのでしょうか?中には、相続税の税務調査を行われたらどうしようと不安に思う方もいるかもしれません。

そこで、今回は相続税の税務調査の種類と、税務調査の内容を詳しく説明していきます。

相続税の税務調査とはそもそも何?

相続税の税務質問というものを聞いた事があるという方もいるでしょう。適正な納税が行われているか調べるために相続税の税務調査を行います。その場合、税務署は金融機構への調査を行う事ができます。

法的に金融機構は取引履歴を10年間保管しなければなりません。つまり、税務署は過去10年間の金融機構の取引履歴を調査する事ができるです。税務署の調査は法律で権限が与えられています。それにより、場合によっては10年以上前に遡って税務調査する事もできるのです。

相続税の税務調査の種類

相続税の税務調査には以下の2種類あります。

  • 任意調査
  • 強制調査

上述2種類の相続税の調査はどのようなのケースに行われるのでしょうか?

任意調査とは?

前もって税務署から連絡があり行われる調査を「任意調査」といいます。任意に行われるためチェック日の日程調節ができます。調査については、相続人に連絡がある事例と税理士に連絡があるケースがあります。

強制調査とは?

裁判所の令状によって行われる、調査を「強制調査」といいます。任意調査と強制調査は違うため、任意調査のように日程の調節はできません。納税者や税理士の意思に反して強制的に行われます。

悪質な相続税の隠ぺいが行われているケースなどは強制調査される恐れがあります。そのため、相続税は正しく的確に納税する事を心がけましょう。

相続税の税務調査では何を調べる?

相続税の税務調査ではどのような事を調べるのでしょうか?大抵調べる中身は以下のような事です。

  • 死亡した方の通帳
  • 死亡した方の有価証券
  • 死亡した方の親類の通帳

ここでは、各々を具体的に見ていきます。

死亡した方の通帳

死亡した方の通帳は税務署の税務調査により調査されます。税務調査では、通帳の取引履歴は確実に確認されると思っておいた方が良いです。大きな出金や入金は税務調査の場合に尋ねられる見込みが高いので、前もってに理解しておきましょう。

税務質問は5年から10年程度遡って行われるといわれています。死亡した方の通帳は破棄せずに保管しておきましょう。

死亡した方の有価証券

死亡した方の有価証券も税務調査の対象です。有価証券は申告漏れが多々ある項目となっています。それ故、現金や銀行預金の続いて調査される確率が高いです。

有価証券は不動産などと比較して申告漏れが起きやすいです。その理由としては不動産などよりが受け渡しが容易だからです。また、場合によっては亡くなった方の親類の有価証券も調査される見込みが高いです。

死亡した方がどんな有価証券を所有していたのか、残された家族が理解してないケースも多く、申告漏れが起きやすい項目となっています。

死亡した方の親類の通帳

死亡した方の親戚の通帳も税務調査の対象です。このような銀行預金はしきりに受け渡しされるため、申告漏れも多々ある項目です。それ故特に念入りに調査されるので気を付けておきましょう。

相続税の税金対策のために、死亡した方の親類へ多額のお金を渡していたという事例は多々あります。死亡した方から死亡した方の親戚への入金があれば、相続税の課税対象となるケースもあるので、相続税の課税対象となるか自身では決断できないケースは税理士に見極めてもらいましょう。

相続税の税務調査では通帳に気を付けよう

相続税の税務調査で特に気をつけるべきは通帳です。死亡した方、死亡した方の親類の通帳はチェックされると思ってよいでしょう。特に相続税は申告漏れが多々ある税金でもあります。

通帳の入金や出金については注意を払っておきましょう。死亡した方の通帳の多額の入金や出金は、何のためにされたのかちゃんと理解しておく事が大切です。

子供や孫への贈与の時などは、現金の受け渡しでなく通帳での受け渡しにより証拠が残る事となります。後から税務質問の場合にも対処できるよう、なるべく証拠として残しておきましょう。

また、一般の方ではどのお金のやり取りが相続税の課税対象となるのかという事がわからない場合もあります。そのため、相続が発生した場合はできるだけ税理士に相談するようにしましょう。

専門の税理士にちゃんとと納税申込み手順を行ってもらう事により、仮に税務質問が行われた場合でも安心して対処する事ができます。専門家に頼むとコストはかかりますが、そのぶん時間と安心を得る事ができます。

わからない事を時間を使って調べ、いつ税務調査が来るのか不安に思うよりも専門家に頼んだ方がよいですよ。


おすすめの記事


Posts Tagged with…